カードローン金利計算の注意点

カードローンは無担保で借り入れ可能、使途の制限もないフリーローンの一種です。一度審査を通ってしまえばよほどのことがない限りは限度額が引き下げられるということもなく、限度額の範囲内で自由に借り入れを行うことができるなどと比較的自由度の高いローンとなっています。通常のローンは使途が制限されていたり実行は一括で、などと融通が利かないないことも多いため、そういった部分はカードローンの大きなメリットの一つといえるのではないでしょうか。返済は借入残高に応じて毎月の約定返済日に一定の金額を返済するリボルディング払いが採用されていることが一般的です。当然返済時に借入している元金と金利を合わせて返済することとなりますが、その金利計算はどのようになっているのでしょうか。
実質年率〇〇%とよく広告で見かけることがあるように、借入金額×年率÷365日×借入期間で計算することができます。計算式を覚えていなくても金融機関のホームページで返済シュミレーションができるところも少なくないため利用してみるとよいでしょう。ちなみに、借り入れの限度額が高くなるほどカードローンの利息は低くなります。
いずれにしても、借り入れ期間が長ければ長いほど利息を支払う必要があるため、自身の収入に見合った範囲内での借り入れを行うことが重要です。
カードローンはいざという時に有効な資金調達手段ではありますが、現金の引き出しが簡単に行えるため借金という実感がわきにく部分もありますので計画的な利用を心掛けましょう。
関連サイト

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.