目的で選ぶ総量規制対象外のカードローン

消費者金融や信販会社のカードローンは貸金業法で総量規制があり、一定額の限度額までしか借りられませんが、銀行カードローンなら、総量規制対象外のカードローンなので多くの金額を借りることができるようです。目的で選ぶと、目的を定めず自由に使えるフリーローンと特定の使途を定めたマイカーローン、ブライダルローン、教育ローンなど大きく分けると2種類になります。銀行カードローンは消費者金融などに比べて金利は安く、審査はノンバンクの消費者金融などより厳しいと言われていますが、銀行によっても違いますが300万円くらいまでなら、収入証明書不要で借りられるカードローンがたくさんあります。銀行でも、より多くの人に貸付したいので、借りやすくするために様々なサービスを展開しています。例えば、借り入れをする銀行に口座がなくても契約できるとか、30分審査で即日融資とか、自動貸付で100万円まで収入証明書不要とか、手軽に融資できることをアピールしています。総量規制のあるノンバンクのカードローンだと、年収の1/3までしか借りられませんが、総量規制対象外のカードローンだと年収の1/3を超えたとしても借りられる可能性はあるのです。しかし、銀行カードローンは絶対に借りられるというものではなく、一定の審査基準をクリアしなければ希望金額が借りられないことも多々あるのです。借りる目的によっても借りられない場合があるので、目的を明確にしなければならないようです。
おまとめローンおすすめポイントと選び方【おまとめローンDX】はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.